読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

iphoneのAirDrop便利だけど悪用の危険もあるらしい

iphoneの機能「AirDrop」で本名などが検索される危険性があるとYahooニュースで目にしました。AirDropは、簡単にいうとBluetoothWi-Fi接続などの無線で近くのiphoneのユーザーに連絡先や写真、ファイルなどを送ることができる機能です。

自分も動画ファイルを親や家族に送るときに便利なのでたまに使っています。LINEだと写真は送れるのですが、動画は送れなくてどうすればいいかと調べたときにこのAirDrop機能を知りました。

使ってみるととても簡単なので便利でした。自分も実際に使ってみて感じたことですが、簡単にファイル等送れるけど、設定をオンにしていたらもしや知らない人から検出されてしまうのかどうかやはり不安だったんですよね。

そこで設定を確認してみると、AirDropで検出可能にするかはすべての人にするか、連絡先のみにするか、受信しないかどうかを設定で選ぶことができるということがわかりました。なので、自分は現在は基本は受信しないにしておいて、使用するときのみ連絡先のみオンにしています。連絡先のみオンだと、連絡先登録だけしておいて現在連絡取っていない人とかもいるので念のため。

自分は確認して検出先を設定しましたが、きっと無防備にすべて検出するにしている設定の人もいるかもしれませんね。そうすると、電車とかで検出されて本名で登録しているとiphoneのデバイス名から本名を知られたり、連絡先や画像を送られたりする危険性もあるそうです。 まぁ、40過ぎのおばさんの自分にはそんな危険もないとは思うけど、自分の情報は自分で守らないとどこで悪用されるかわからないですからね。便利な分使い方は気をつけないとと思ったニュースでした。